雨は天からの
おくりもの







東信州の
青い空の下で

北国街道 海野宿 

− 日本の道 百選に選ばれた街道 -

『北国街道 海野宿』 どんな人が とおりゃんせ♪

 ↑善光寺・御開帳    ↑海野宿・ふれあい祭

 佐渡の金山の『金』がお江戸に向かって、
 とおりゃんせ♪

 参勤交代で加賀の『前田の殿様』も、
 とおりゃんせ♪

 『牛に引かれて』でなくても善光寺詣りへ、
 とおりゃんせ♪

 宿駅として籠や馬を引いて、
 とおりゃんせ♪

 『お蚕さん』を買付けに多くの商人が、
 とおりゃんせ♪

 老若男女の旅のお方が、
 とおりゃんせ♪





『北国街道 海野宿』 面白い歴史
 
真田十勇士の海野六郎は、海野宿の出身と云われているよ!
 
真田家の祖先が、海野氏出身だと云われているよ!

戦国武将『真田幸村』の父、昌幸が上田城を造った時に、城下町に海野宿の人達を招いたので、その町が『海野町』という名前で残っているよ!

明治時代に宿場から、養蚕業の地へ変わっていき、財を成したよ!
江戸時代では、佐渡の『金』が通っていたので『金の街道』と呼ばれ、明治時代に養蚕を始めてから『絹の街道』と呼ばれるようになったよ!

『うだつ』は、防火・富の象徴として作られたよ!
江戸時代に作られた『うだつ』は、『本うだつ』と言われ、明治時代に作られた『うだつ』は、『袖うだつ』と言い、呼び方も形も実は違うんだよ!
↓海野六郎の像
↓袖のようにまっすぐ作られている
『袖うだつ』
↓屋根沿いに斜めに作られている
『本うだつ』
 
ヤマトタケルノミコトが、東征の帰りに『白鳥神社』に立ち寄って、伊勢で亡くなった後も、白い鳥になって舞い降りたと云われているよ!

奈良の正倉院には、『麻織物の紐の芯』が海野の名前で貢物として残っているよ!

木曽義仲の挙兵の地としても、『千曲川の白鳥河原』で有名だよ!
 
↓春には桜が満開!『千曲川の白鳥河原』

↓ご神木も見事!『白鳥神社』





『北国街道 海野宿』の近くには…

浅間山のふもとにある、避暑地で有名な『軽井沢』

島崎藤村と野原の葉で吹く草笛で有名な『小諸の懐古園』

戦国武将真田幸村と、別所温泉で有名な『上田城』

長野県の県歌『信濃の国』や、万葉集にも謡われる『千曲川』

海野宿の入り口には、浦安の舞が奉納される『白鳥神社』

↓白鳥神社の『浦安の舞』
↓春には見事な桜観光スポット
『上田城』





海野宿への行き方

しなの鉄道 大屋駅下車 田中駅方向に戻る (大屋駅〜田中駅間は 約2.5Kmですので 徒歩での散策がおすすめです)
車でお越しの方は 東御市観光協会のページから 地図と 駐車場・駐車料金をご確認ください。

東御市観光協会ホームページを見る


ページ製作:中島康史(雨水リサイクル研究会会員)facebookもやっておりますので ご覧ください
facebookページアドレス: https://www.facebook.com/amamizuya.nohma
 
□ ページトップへもどる ↑