いがいと 知られていない 
     信州・上田の 未体験スポット

ところで 幸村公の墓は・・・いずこ !? 
ここまで 幸村公ゆかりの人物の墓所を紹介してきましたが、幸村公本人の墓は・・・ というと、残念ながら 真田の居城 上田にはありません。

大阪夏の陣で、敵方の大将徳川家康公の本陣に肉薄するまで戦ったものの はなばなしく戦場に散った その最後には諸説あり、幸村公の子供たちも その後 「日本一の兵」のDNAを慕う 各地大名に乞われて 全国に散らばっていったり、徳川方について 真田家の家系を守った兄 信之公も 松代藩として 上田から松代に移されたりしたため 幸村の墓所は 上田以外の全国各地に供養墓・供養塔が各地に確認されているのみです。

そのなかでも意外なのは かの「石庭」で有名な 日本人なら誰もが知っている龍安寺に幸村公の供養墓があることです。
これは、幸村公の七女おかねの夫で 幸村公の遺族を援助したことで知られる 石川貞清によって 龍安寺に建立されたものです。 
ただし、この墓があるのは 龍安寺境内にある大珠院の鏡容池の中にある弁天島ですが、大珠院自体が 非公開となっています。
有名な 龍安寺の「石庭」
大珠院と鏡容池
大珠院にある 真田幸村公の墓
 龍安寺・大珠院にある墓のほかには
A松代藩となった真田家の菩提寺・長国寺  B 幸村の五女の嫁ぎ先 宮城県白石市
C幸村の首を取った 越前松平藩の家臣が 福井県にある自らの菩提寺・孝顕寺に建立した首塚
D 幸村の四女が真田家菩提寺として秋田に建立した妙慶寺にある位牌
などに 真田幸村公ゆかりの墓所があることが知られています。

Aの松代にある真田家の菩提寺には 幸村公や 嫡男大助の供養塔があり 本家本元の墓所といえると思いますが 、最近 面白いと思われるのは Cの孝顕寺です。
安居神社(大阪市天王寺区)
幸村公の最後で 有名なのは 大阪市天王寺区にある安居神社で動けなくなって 休んでいたところを 討たれたというもので、 「真田丸」以前の歴史ドラマでは よくそのように描かれており、実際に 安居神社の境内には 幸村公の像と 戦死記念の碑が建てられています。

討ち取ったのは 越前松平家の西尾仁左衛門(宗次=むねつぐ)という人物ですが、 幸村公が「もう戦う気はない。手柄にせよ」と自ら首を差し出した・・・という逸話が残されていて 徳川幕府の資料にも そのように記されています。
真田幸村像と戦死碑(安居神社境内)
ところが、2012年に福井県立図書館保管の「松平文庫」の文献調査時に そのなかから 真田幸村公の 従来とは違う最後を記した覚書が見つかり 話題となりました。
それによると 西尾仁左衛門は 幸村と知らずに槍で戦ったすえに 討ち取ったとされており、のちにその首が幸村のものであるとわかったとのことです。

いずれにせよ 越前松平家の家臣・西尾仁左衛門(宗次)が 幸村公の首を取ったとされており、幸村公の首塚(真田地蔵尊)は彼が その菩提寺・孝顕寺に 供養のために建立したものですから、その信憑性が より高くなったわけで、現在 その地蔵尊は福井市立郷土歴史博物館に保管されていますが、幸村公の見印は きっと いまでも孝顕寺あたりに眠っているのでしょう。

戦いぬいて死んでいったというこの覚書にある最後こそ より幸村公らしかったといえるかもしれません。

  大河ドラマ「真田丸」では 『55歳!?』の佐助の介錯で 最後を遂げる設定ですが、これは自分の脚本で命を吹き込んだ登場人物をできるだけ死なせたくないという三谷さんの思いに基づき 幸村が壮絶な死を遂げる描写を避けるための演出と思われ、実際には「松平文庫」に記されている最後が本当だったのではないでしょうか。