いがいと 知られていない 
     信州・上田の 未体験スポット
 

 上田近郊に眠る 真田幸村ゆかりの人々の墓所をご紹介します

真田 昌幸・幸隆( 長谷寺 - ちょうこくじ - )

真田幸村公にとって 昌幸公は 父親、そして幸隆公が 祖父になります。

正攻法では 勝ち目のない 覇権諸勢力に対し、その動向をつねに見極めながら、柔軟に立ち回りながらも つねに決死の覚悟で 一族の存亡を図る ・・・そんな真田氏の基礎を築いたのが 祖父の幸隆公でした。

あえて不吉な三途の川の渡し賃「六文銭」を 決死の覚悟の旗印としたのも 幸隆公だといわれています。

甲斐の武田、越後の上杉が 信濃を巡って 覇権争いを繰り広げようとしていた この時期、地方の弱小勢力であった 幸隆公は 情勢に応じて 主君を変えながら 武田の当主となった信玄公のもとで 頭角を現していきます・・・

一度は追われた真田の地を取戻し 上州・沼田まで勢力を拡げた幸隆公が病没すると、その長男の信綱公がいったん真田家の家督を継ぎますが、その翌年に 武田 勝頼公に従軍して 織田信長と戦った かの「長篠の合戦」で 弟の昌輝公とともに 非業の戦死をとげてしまいます。
このようないきさつで、 三男の昌幸公が 真田家の家督を継ぐことになるわけですが、真田家当主となった昌幸公は、「真田丸」で描かれたとおり 徳川に資金を出させて 本拠となる居城を 新しく上田に築きあげ、ここから 息子の幸村公との 二代にわたる 「日本一の兵」の伝説が 展開していくのです。

幸隆公と 昌幸公 親子が ともに眠っているのが 上田市郊外、真田屋敷近くにある長谷寺です。 ここまで 行かれる方は相当な真田ファンだといえる 観光スポットです。(※ 「真田丸」ブームもあって、 最近 幸村公の供養塔もわきに建てられています)
 

長谷寺の山門 
 しだれ桜の様子はこちら
山門にある 石門
石門上部には「六文銭」が刻まれ
春はしだれ桜がきれいに咲きます
 
 
寺のいちばん奥まった場所に
大木に囲まれた墓があります

中央の墓石が幸隆公
右側の墓石が昌幸公
(左側の低い碑は幸隆公夫人)
長谷寺のfacebookページはこちらから


大河ドラマのなかの真田氏
ここ十年間の大河ドラマでは「 JIN-仁-」の坂本竜馬がはまり役になる直前の内野聖陽さんが主役の山本勘介公を演じ、上杉謙信公=Gacktさんというキャスティングも話題になった2007年 の「風林火山」に 幸隆公が登場しています。 
NHKアーカイブス「風林火山」ダイジェスト動画はこちらから

武田(信玄公の父信虎)・村上の連合軍に追われて いったんは上野国(群馬)に逃れたものの 信玄公が頭首になった武田家の家臣となって 頭角をあらわしながら 失った領地奪回をはかる真田氏興隆の祖真田幸隆公を熱演していらっしゃるのは、佐々木蔵ノ介さんです。
NHKオンデマンド「風林火山」のページは こちらから 


その後 2009年に 上杉家の家老 直江兼続の生涯を描いた大河ドラマ「天地人」でも 人質として上杉家に出されてからの幸村が登場しました。

幸村公役を演じたのは 若手俳優の城田優さんで、主人公・直江兼続=妻夫木聡さんなど 戦国バサラを完全に意識したイケメンキャスティングの大河ドラマでした。

ちなみに 子供時代の直江兼続を演じた加藤清四郎くんが、名子役として注目されたドラマです。
※ 蛇足ですが、清四郎くんは 「風林火山」から すでに子役として登場しますので 要チェック!
 NHKオンデマンド「天地人」幸村登場の回へのリンクは こちらから 
 

そして 2016年の 大河ドラマ「真田丸」では 真田一族が大活躍

「新撰組!」以来 二度目の大河ドラマとなる三谷幸喜氏が脚本を担当脚本し、真田一族を戦国という荒波に乗り出す一艘の舟になぞらえ、その名も幸村の名を一躍有名にした大阪城の出城「真田丸」にするという 見事な演出で 真田ファン以外にも多くの人々を楽しませてくれました。 
新撰組で 隊規に違反して切腹する山南敬介役を熱演して 有名になった堺正人さんが主役の真田信繁(幸村)を演じたほか、「真田太平記」で幸村を演じた
草刈正雄さんが昌幸を演じはまり役になりました。
 「風林火山」で山本勘助を演じた内野聖陽さんが奇抜な家康役を演じたり、登場人物ひとりひとりが 脚本家の三谷幸喜さんによって 新しい魅力を吹き込まれ、それぞれに個性豊かで魅力的でした。
 また 有名武将がナレーションだけであっさり最後を迎える「ナレ死」やら、地元上田での5年におよぶ 署名嘆願活動による実現、そして 大河ドラマ館の入場者数が はじめて100万人を超えるなど、さまざまな話題にも事欠かないユニークな大河ドラマとなりました。


 NHKオンデマンド「真田丸」へのリンクは こちらから